シジュウカラなどの体が小さい野鳥は、実は人間の近くが好き。
なぜなら、カラスなどの外敵から守ってくれるからです。
庭先などは安心して営巣できる場所なのです。

そして、これ注目!
シジュウカラはヒナを育てるために、毛虫をたくさん食べてくれます。
その数なんと、1日に300〜500匹くらい!!
樹木への薬剤散布も不要になるので、環境にも人間にも優しいですね!
またフンは巣箱の中にして、親鳥が外に捨てに行きますので、周辺を汚しません。
だから、私たち人間と共存できる益鳥というわけです。